【アプリレビュー】どう見ても精子です、本当にありがとうございました 「Seeds of Life Live Wallpaper」

Xperia、AndroidOS2.1アップデートおめでとうッ! OS1.6のままずっとアプデを待たされ続けたXperiaもここから本領発揮って感じでしょうな。新顔も続々出てきてるけれど、とりあえず2.1でも多分あと2年は戦えますよ。マジでマジで。自分はXperia持ちじゃないけど、なんか嬉しい。なんというか、新しいフェイズが始まったような気すらする…って何言ってんだかよくわかんないですな。

というわけで、その記念というわけでもないけど、今回はAndroidOS2.1以上で使える動きのある壁紙「ライブ壁紙(ライブウォールペーパー)」をひとつ。とは言っても(Xperiaのアップデートを祝っておいて)いきなりキワモノというか微妙というかアレなんだけれども…

「Seeds of Life Live Wallpaper」(有料:0.5ポンド=2010年11月11日現在で約66円)という、なんだか顕微鏡で写した精子のようなものがホームを縦横無尽・元気いっぱいに泳ぎ回るライブ壁紙をレビューしてみたいと思う。

※リンク先(AndroLib)では「このアプリケーションはAndroidマーケットから削除されたようです」とあるけれど、マーケットでは普通にDLできます。

ライブ壁紙はマーケットでもマリオライブ壁紙みたいな秀逸としか言いようのないものからクズ同然のどうでもいいのまで結構な数が出てる感じ。この「Seeds of Life」はその中でも取り立てて複雑だったり作りが凝ってるわけでもないんだが、やっぱりモチーフがモチーフだけに見る人が見るとうっかり飛びついてしまうタイプの壁紙だと思う。そして自分はどう見てうっかり飛びついてしまうタイプの人間です。本当にありがとうございました。

モチーフが顕微鏡で見た精子(と思われる、っつか名前からしてそうでしょコレ)なだけに、デフォルトの背景は常に顕微鏡で小さいモノをみたときみたいな絶妙なグラデーションがかかっている。ちなみに背景のグラデーションは少しずつ色が変化しており、指定した単色に変更することも可能(後述)。

で、この精子共はただただふよふよと泳ぎ回ってるだけでなく、タップとかの操作にも反応してくれる。何もないところをタップすると…

精子がタップした場所を中心とした同心円状に整列してくれる。そして一定時間ふよふよしつつ隊列を維持した後でぱぁっと散開してくんだが、その様がなんかかわいい。そして隊列を組んでる時に別のところをタップするとそっちの方にちゃんと動いてまた同心円状に整列してくれる。ちゃんと自分の指示した場所めがけて動いてくれるのがなんだかけなげに思えてくる…と感じる自分はヘンだろうか。

さらにホーム上にあるアイコンを長押しして移動させると…

もっと密集して、移動させたアイコンを取り囲んでくれる。これを丸いアイコンでやっちゃうとまさに受精。結構密集するのでさすがにコレはちょっとキモいと思ったり。

精子の色や背景の色、精子のスピードや数は変更可能。コレを応用すると…

おたまじゃくし!なんてことも(でもスクショがなんかうまく撮れてないorz)。これなら精子に見えないので無問題…のような気がする。あと背景を暗くして精子の色を青白くすると人魂っぽくもなったりする…かも。

ちなみにこのライブ壁紙の実際の動きは、この動画を見てもらうとよく分かると思う。

そんなこんなで実用性皆無な上に常用するにはいろいろとアレだけれど、(使いどころはかなり謎だがTPOさえ間違わなければ)ネタ性は十分すぎるほどのライブ壁紙だと思う。いや、「生命の神秘!」と言い切ってしまえば通用する場面も無いわけではないかも知れんけど…
ちなみに自分がお金出した買ったライブ壁紙はこのひとつだけだったりする(いや、ふだん別のアプリを使って壁紙表示させてるんで…いつか紹介する予定だけれど)。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中