GALAXY Tab実機に触ってきた。そしてIS03のセカンドインプレッションも

この前札幌ヨドバシカメラでGALAXY Tabを触ってきた。実機自体は少し前に見かけたものの、そのときは残念ながらロックがかかっていて普通に操作することができなかった
で、結論から言うと「欲しいです。すっごい欲しいです。こういうの待ってました」という感じ。確かに動作とかから言えばiPadが一番なのは言うまでもないが、取り回しの面ではこっちの方が軍配が上がるんじゃないかと思う。iPadに手を出せない一番の理由が微妙に持て余すくらいのあのサイズだと思ってる自分としては、ようやく持ち運べて実用に耐えるくらいのタブレット端末がAndroidから出たか、と感無量であります。

動作面ではそれほど引っかかったり重かったりはしなくて、Android端末としてはかなり快適。というかGALAXY Sとかの2.2端末をでっかくしただけなのかも知れないけれど、画面がデカいというだけでもかなり操作感覚や迫力が違ってくる。Angry Birdsが入ってたのでプレイしてみたが、スマートフォンの手のひらサイズのディスプレイでプレイするのとは結構感覚が違うというか、なんかちまちまやってる感じがしないのが新鮮。さらに細かいところまで見えるせいかDesireでやったときよりもヌルヌル動く感じがして興味深かった。
つか、これでGoogle Earth試してみればよかった…忘れてたよ。

そしてIS03の実機が入ってたので再度触ってみたが、タッチアンドトライイベントの時よりも長く触れたせいか、大分受ける印象が変わった。快適さで言えばDesireには及ばないかも知れないけれどXperia と同等かそれ以上という感じ。前回の第一印象では「ちょっと難アリかなぁ」と思ったけれど、全然問題はなさそう。せっかくIS01を手に入れたので、IS03ではOceanUIがどんな感じになってるかはまた後日確かめてみるつもり。

そして東芝のレグザフォンのモックも入ってたので触ってみた。デザインがXperiaそっくりじゃねーかーなんて発表時にはあまり印象が良くなかったんだが、モックを触ってみて結構印象が変わった。角張ってはいるがなかなか収まりのいい感じ。Xperiaみたいに角っこが手のひらに当たるような違和感はあまりない、背面はDesireみたくラバーが貼ってあり手触りも悪くない。あとカメラ周りのデザインがメカメカしい感じがしてカッチョエエ(アッー!背面の写真撮ってねえ)。なんか実機でなくモックを触った時点で好感触ってあんまりなかった気がする。こういう「モノとしてそそる」のって国内メーカの強いところだと思う。

ちなみにLYNX 3Dのモックもあった。大した印象深くはなかったけど、筐体のエッジ部が透明で、ディスプレイ部がちょっと浮いたように見えるところが面白い感じ。肝心の裸眼3D表示がどんな風になるのかが楽しみ。

広告
カテゴリー: 端末の話題, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中