【GALAXY Tabのある生活】ギャラタブ用のケース、そしてはずみでBluetooth

風邪引いてサボってますた。ごめんなさい。

というわけで、前も書いたと思うけど裏面がつるつるで裸で持ってると心許ないギャラタブなので、ケースを買って付けてみた。個人的にはスマホとかってケースや保護シートを付けない主義なんだが、ギャラタブの場合はやむを得ないというか…

で、買ったのはBELKINのVerve Folio Standというケース。合皮製だが実際付けてみると手帳かハードカバーの本に皮カバーを掛けたみたいで結構高級感もある(実際に5000円近くとギャラタブのケースの中では割と高め)。


開くとこんな感じ。カバー内側の波っぽい模様が結構オサレ。

そして横限定だが、カバーのベロの部分を下にしてこんな風にスタンドとして使うことも可能。別の会社のケースで同じようにスタンドにできるヤツがあったが角度限定で、このケースの場合はベロの部分のスウェード調なところと本体側にあるゴム貼り部分の摩擦のおかげで(分かりにくいから後で補足するか…)ある程度自由に角度が変更できる。正直スタンドとして使うことはあまりないが、角度調整が自由にできるのは強い。

このケース、質感も良くけっこう気に入ってるんだが、なんとなく本体と微妙にサイズや縫製があってない感じがしないでもない。あまり支障はないが本体底面のDockコネクタ穴とスピーカ穴の位置が微妙にズレていたり穴が不自然に広がったりしたり、たまに本体をぐぐっと押し込んでやらないと電源ボタンや音量ボタンが押しにくくなったりとか。あとケース外枠の左右の太さや本体ディスプレイとのマージンが非対称というのも個人的には気になる。横置きだと気にならないが普段は縦方向で使うことが多いので。あと個人的には横置きでスタンドになるよりは縦置きでスタンドになってくれた方が嬉しかったかもしれない。

で…上記の一番目と三番目の写真で、下の方に白いモノがあるのがおわかりになるだろうか。盛大に白飛びしてるけど…

ええと、ギャラタブではBluetoothのキーボードを使えると聞いたので、つい弾みで買ってしまいましたとも。買ったのはエレコムのテンキー付きBluetoothキーボード(TK-FBP014)。いや、もともとは壊れかけた自宅のPC用キーボードを買い換える際に、せっかくだから俺はこの赤の扉を Bluetoothキーボードにしてみただけで、ギャラタブとペアリングして遊んでみようというのはついでのこと。いやホントについでですってば。

なんとなしにギャラタブでBluetoothのHIDプロファイルが使えることは聞いてたんだが、実際ちゃんとペアリングできて、文字が入力出来たのはちょっと感動。ただし実用的なレベルかというとそうでもなく、クセがあったりPCレベルに達してないところがいろいろ。
まずBluetoothキーボードを接続すると自動で「SAMSUNG日本語キーボード」という標準のIMEに強制的に切り替えられてしまう。他のIMEに切り替える事はできるがどうしても自動でSAMSUNG日本語キーボードが出しゃばってきてしまう。まあ標準IMEでも大きな不満はないので文字入力はそれでいいとしても、変換する段になるとけっこうめんどくさい事になってくる。
入力してスペースで変換というのは同じなんだが、SAMSUNG日本語キーボードとSimeji については変換候補の選択はスペースで行えず、タッチパネルで行うしかなかったりする。ATOKトライアル版だととりあえずスペースキーで変換候補選択は可能。、それ以外の共通の欠点として、入力の途中で英字を入れようとしても、PCみたく「そのまま入力してF10でアルファベットに変換」もしくは「F10押さずにスペースでそのまま日本語と同じように変換」といったことができず、いちいち文字種を変更したりする必要がある
ATOKが元々PC用のIMEなだけあってPCに一番近い感覚なんだが、やっぱり「異文字種の混在した文を入力しにくい」というのは辛い。ソフトキーボードよりハードキーボードの方が入力はやりやすいので、ここがもっとこなれてくれたら嬉しい。

…で、これでよせばいいものを、更に妙な方向に遊びたくなってしまって…

…ええと、まさかBluetoothマウスまでペアリングできるとは知りませんでしたよ。というわけでせっかくだから俺はこの赤のマウスを(ry

Bluetoothマウスを接続するとちゃんとマウスポインタが出てきたのが個人的にびっくりしたところ。いや出てこないと路頭に迷うけど。操作としては左ボタンがタップで、ちゃんとドラッグするとフリックになったり、長押しするとメニューが出てきたりする。右クリックがメニューかと思いきや戻るボタンで、メニューボタンは中ボタン(ホイールクリック)。これはちょっと慣れるまで大変だが、キーボードよりは素直に扱える感じ。ホイールでちゃんとスクロールしてくれるし、意外に画面をドラッグ(フリック)させるのが心地よい。タッチパネル機器を置いたままにしてフリックさせると微妙に感度が悪くなったり若干不安定になることがあるような気がするのと、マウスで手元でスクロールさせたりドラッグさせる方が手の動きが小さいから楽な感じもする。正直、ギャラタブ+マウスはアリかもしれない。

こうなるとデスクトップに見えてしまう。ちなみにこの写真は何故か帰りに寄った飲み屋で録っている。我ながらなんで飲み屋でBluetoothキーボードとマウスを広げてるのか謎。

という感じで、まだ(特にキーボード周りが)全然こなれてない感じだけれど、自宅のインタフェイス周りをBluetoothに置き換えるついでにギャラタブで遊んでみるのもなかなかいいもんですよ? あんまりキーボードとかをBluetoothにする人もいないんだろうけど…

広告
カテゴリー: GALAXY Tabのある生活 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中