光ポータブル用のSIMをMiFi SIMカードに変えてみた

去年の10月からずっと光ポータブル+b-mobileで運用し続けてきたんだが、さすがに300kbpsではいろいろと限界が出てきた。確かにtwiccaでツイッターを見るくらいであれば全然実用的なレベルなんだが、Webブラウジングになるとやはりモバイル専用サイト以外では苦しく、かなり待たされる。待っていればそのうち読み込まれるし、読み込まれなくてもあとでPCで見ればいいや程度であきらめたり我慢はできてた。でも使っていくうちにだんだん我慢ができなくなってきたし、ギャラタブを買ってからそのあたりの意識がモロに変わった気がする。

やっぱりデカい画面があると、普通にWebサイトを見たくなってしまうってのが人情ってもんです。しかも、できればストレスはなるべくかからない方向で。

というわけで、いろいろ熟慮した結果、光ポータブルを使用するのはそのままで、中のSIMを変えることにした。一瞬HTC AriaかポケファイSをEMで契約してそのSIMを光ポータブルにおごってやるということまで考えてた(Aria契約したらとりあえず国内全キャリアのAndroid初号機を手に入れたことになったが、さすがに金が続かないのでやめた)が、最終的にSIMを日本通信と同じドコモMVNOで提供されているインターコミュニケーションズ社のSIMカードを契約することになった。

元々はMiFi(マイファイ)というSIMロックフリーのモバイルWi-Fiルータを国内で運用する際のSIMとして提供されているものらしい(以後は便宜上MiFi SIMと呼ぶ)が、提供してる会社ではドコモのスマホでの動作確認をしてたりと、それ以外の機器のSIMカードとしても使えることをアピールしてたりする。

仕様としてはb-mobileのような速度制限はなく、現在の携帯と同じくらいの速度が出る(上り7.2M、下り5.7M)。ただし利用出来るプロトコルに制限がされており、基本的にYouTubeなどのストリーミング動画やSkypeなどのVoIP通信などは利用不可、Webブラウジングなどに特化されているという。プロトコル制限されていると聞くと若干窮屈な感じもするが、実際はWebブラウジングとツイッターが利用の9割なのでそれほど問題はなさそう。そして価格は月額3990円、一年の縛りはあるがその後はいつでも
Webで申し込んだのは1月15日、届いたのは1月21日だった。Web申し込み画面の時点で配達日の指定が出来(時間帯指定は不可)、ちょうど休みの日を配達日に指定させてもらった。配送はb-mobileと同じく宅配便だったんだが、普通のサイズの封筒(恐らく汎用)にSIMと納品書と注意書き(いずれもA4版くらいのワープロで作ったみたいなペラ)しか入ってないというある種潔いパッケージングでうろたえたり(b-mobile SIMの場合はカラー印刷のボール紙の台紙にくっついて届いた)。

b-mobileの場合はユーザ名とPWは共通だったが、MiFi SIMについては専用のユーザ名とPWが発行され、それを機器のAPN設定の時に入力する。当然ながら設定方法については前述の注意書きには一切書いてない。自分の場合は基本的に光ポータブル内のb-mobile用設定のAPNとユーザ名とPWを書き換えるだけだった。

肝心の速度は、とりあえず速度測定アプリで一度だけ自宅で測ってみたらこんな感じになった。といってもはじめに出した画像がそうなんだがもう一度。

もばるい」のバッテリ残量がギリギリになってるとことかはスルーの方向で。というのはおいといて、下りで3Mbps程度、上りで400kbps程度とかなりいい感じ。実際どうなのかは詳しくいろんなところで測らないとよくわからないが、ひとまず体感ではかなり快適。さすがに移動中だと多少速度が落ちたりもするけれど、それほどストレスなく通信できる感じ。エリア的にも当然ながら同じドコモ網を使うb-mobileとまったく変わらず利用出来る(ちなみに自宅や職場周辺でSBM網で圏外になる2~3の場所でも接続可能。)。

というかかなり快適と書いたけれど、これがb-mobile+光ポータブルに切り替えるまでの速度だったわけで、個人的には元と同等の環境に戻ったなぁという感じ。もちろんb-mobileのコストパフォーマンスは評価できるところだし、一度の通信量が多くなければ快適なんだけれど、やはりブラウジングについてはだんだんと辛くなってくる。b-mobileとMiFi SIMの差額はb-mobileを半年~1年で契約したときにはおおよそ1500円、それ以下の期間で契約・チャージした場合にはおおよそ1000円程度となるが、個人的には出先での快適なネットワーク環境を手に入れられるんならこのくらいの出費は安いんじゃないかと思う。

ちなみにデジカメ(NEX-3)とEye-Fi(無線LAN画像転送可能なSDメモリカード)の組み合わせでデジカメからの写真撮って出しも光ポータブル+MiFi SIM環境で試してみたが、やはりさすがにリアルタイムとはいかないまでも撮影してわりとすぐに画像が共有サービス(はてなフォトライフ)にアップされる感じ。やっと実用的にはなったが、雪が積もってる間はあまりカメラ持って出る気になれない罠。

※ここから先は非推奨。自己責任でもあまりやらない方がいいかと※

それでMiFi SIMの場合はストリーミング動画(YouTubeやニコ動など)は通信制限を行うため利用出来ないということになっているが、本当にそうなのかいくつかテストしてみた。

YouTubeをWeb上のFlashで再生させた場合→再生可能
YouTubeをアプリから再生させた場合→再生可能
UstreamをWeb上のFlashで再生させた場合→再生可能
Ustreamをアプリから再生させた場合→再生可能
(ニコ動はまだ試してない)

…なぜかYouTubeもUstもWeb・アプリ共に再生可能という結果に。
いや、いまいちよくわからないけど、再生開始した少し後から制限したり、ストリーミング動画再生の利用がいくらかあったらその後速度制限されるとか、何らかのかたちでペナルティがあるような気もする。なので「オッー!ストリーミング動画再生出来る!  やりィ動画観まくりワロタwwww」とか言ってたらそのうちひどい目に遭いそうな予感がする。
まあ、ダメと言われてるのでこういうことはやらないのが一番でしょうな。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中