Android疲れ、もしくは葛藤

最近うちに帰っても酒かっくらってすぐ寝ちゃうかウダウダ夜更かししてこのブログの更新を先延ばしにしがちなので、なんとなくWordPressアプリonDesireで更新(しようとしたが時間が足りなかったのでDesireで途中まで書き、PCで続きを書いたり書かなかったり)。

Androidを使い始めてからずっとAndroid関連の情報を(とりあえず人並みに)追い続けてきたが、ここでどうもそういうのをチェックする気力というか体力が減退してきた気がする。
確かに日に日にAndroidがらみの情報は増えてくし、端末も毎月なにかしらの新製品が出てくる状況で、(追ったところでツイッターくらいにしかアウトプット出来てないけど)追っても追ってもきりがないという気はしている。それに結構噂レベルの話やらどっかで聞いたことのあるような話が多い。
Androidをさわるのも大体ブラウジングかツイッターのときくらいで、あんましゲームとかする気にもならない。ギャラタブも最近思ったより触ってない。かといって欲しい端末はあんましない。あるとすればXperia PLAYくらい(いや、散々持ってるからもういい加減にせえ)。

Android疲れ、とでも言えるような今の状況と個人的に壁にぶち当たってるというのはあるが、なんとなくそれ以外の理由もある気がする。
なんというか、Android使いが増えれば増えるほど、なんだか憂鬱になってくるような気がする。『オレのAndroidがメジャーになってきた!昔から知ってる人間としてはなんだか変わってしまって…』というありきたりなファン感情とはまた違う。
最近はホントAndroid使ってる人が増えて、街角で見つける度に「おっ! 」とか思ったりする。IS03が発売された後にIS03を使ってる人(女性が多い印象)をよく見かけるようになったのは結構嬉しかった。Xperia使いの人を見かける機会が増えて、「じわりじわりと増えてるんだなぁ」とか密かに感じたり。Desire HDを発売後にちらほら見かけた時には、自分と同じ無印Desireを使ってる人を見たことないのにjぶんに弟ができたように嬉しくなったりした。
でもその反面、『この人はAndroidをどう思ってるんだろう、やっぱり使いづらいとか思ってんのかな…』とか、そんな感情が渦巻く。Androidスマホに手を出した人がその使いにくさに絶望するくらいであれば、すごく悲しい。自分で作ったものではないけれど、自分の好きなものだから、手にしてもらったらやっぱり気に入ってもらいたいわけで。

自分としては、今のAndroidでも従来使えると思ってるけれど、iPhoneに肩を並べるくらい使えるか、使いやすいか(もしくは、とっつきやすい)かというとやはり疑問。そんな状況でユーザが増えるということがメーカやユーザにとって幸せなこととは思えない。ユーザが増えてく中、そういう想いはますます強くなっていく。
売れることで様々な層のユーザの声が集まりやすくなり改善のスピードが速くなるという期待はあるから、絶望はしていない。けれど、今の状況がいいのかは正直わからない。

基本的には好きなものを使うだけなんだろうけど、仲間は多い方がいいし、同じものを気に入ってる仲間なら尚更、というところ。

広告
カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中