約4000円で買った若干怪しいBluetoothミニキーボード、そしてBluetooth入力デバイス+スマホ生活断念

以前から「BluetoothでHIDプロファイルに対応してるスマホを使えたら、Bluetoothキーボードやマウスなどを接続出来て面白そう」なんて考えてたんだが、実際にAndroid端末にキーボードを合わせて使ったのはギャラタブに普通サイズのキーボード(自宅で利用中)を使ったくらい。
じゃあスマホで実際に合わせるとしたら?スマホで外出先でパパッとキーボードを出してサクッと入力出来る環境を作るとしたら? と考えると、ある程度の小ささのキーボードが理想とは思い及ぶが、なかなか手頃な小ささのBluetoothキーボードが見つからない。小さいのもあるにはあるけれど、いい感じだけど高いか、安いけど打ちやすさが微妙かのどちらかという感じ。

でもとりあえず買ってみたい…と思っていたところで、ツクモでこんなブツと出会う。

約4000円で売られてたBluetoothミニキーボードですよ。


ミニサイズのBluetoothキーボードとしてはロジクールからかなり前に出たっぽい、キーボードとポインティングデバイスとメディア操作キーを備えた「diNovo Mini」(特に打ちやすいわけじゃないが、ダメというわけでもない)や、どこの会社から出してるのかよくわからないゴムのキーの4000円くらいのキーボード(ゴムゴムしすぎてて打ちにくい)と、ソフトバンクが販売してる8000円くらいのキーボード(値段は高いが普通のキーと同じ材質・構造なので打ちやすい。製造元がどこだったか忘れた) の三つを見たことがあるが、このやつは初めてみる上に、ちょっと気になってるロジクールのキーボードと何となく似てると思ったのでうっかり買ってしまった。Bluetoothミニキーボードとしては値段はそれなりに安い方とは思うが…

とりあえず商品名が「Palm-sized Keyboard with media」としか書かれていなくて、メーカ名も書いてない箱に不安を覚える。BluetoothロゴがあるのでBluetoothキーボードというのがとりあえずわかる感じ。
そしてなぜか箱は普通のペラい紙箱でなく、ある程度の厚みがある上に箱のふたが磁石止めになっててそこだけ微妙な高級感があるという妙な仕様(?)。

開けるとこんな感じ。本体とフェイクレザーっぽい材質(ふにゃふにゃしてる)のソフトカバー、そして後述の謎の8cmサイズのCD-ROM。これだけ。紙マニュアル?何それ食べれるの? 的な勢いの豪快な仕様。一応本体裏にペアリング方法が英語で書いてあるくらい(To Connect:Press and hold conn. till the indicator bink.という一文のみ)。
正直本体は想像してたよりもかなり小さい。ちなみに本体(のフタ上面)が青っぽくなってるのは、保護シートがはりついてるから。保護シートを剥がしても、そこにとくに高級感があるわけでもない(ヘアライン仕上げのステンレスの薄い板を貼りつけただけ)というのが…

さてこれが本体。とりあえず意味ありげにもっこりしてる左上部分はなんだ?というツッコミを付けたくなるけれど我慢。
写真と実物はそんなにかけ離れてないけれど…とりあえずフタが邪魔。フタが上の位置と角度でカッチリと固定されればいいんだけれど、固定されてなくて持ってるときの角度を変えるとパタンと手前側に倒れてくること多々。というかフタがムダに厚くチャチ(フタの中が空洞。フタ裏の部分を押すと単なる堅めのシートでできてるのでフニャッとなる)。フタなくてもいい
一瞬「ロジクールのdiNovo Miniみたく、ある程度の大きさの端末ならフタ部分に乗っけられるかな」と思ったんだが、フタ小さいし割とすぐパタンと倒れるンでムリ!

…ただ、目論見どおりにならなくてもキーボードとして使えれば無問題。というわけでひとまず開封してすぐ(というか単四電池二本必要だったのでそれも別途買って)iPod touchとペアリングして打ち具合を試してみたんだが…

この小ささは手の大きい自分には打ちにくい! もしかしたら手がそれほど大きくない人でも打ちやすくないかも知れない! キーを押した感覚がわかりにくく、 ミスタッチはしないがボタンが押ささってないことがちょこちょこ。さらによく使う「,(、)」や「.(。)」が微妙な位置にある(「、」がFn+右端のバックスペース、「。」がFn+左端のZ)んでストレスが溜まる。そしてフタが思わぬところでパタンを入力中の指に「噛みついて」くるため余計にストレスが溜まることに。

じわじわ効いてくるのが、キーボード全体の小ささと、文字キーがキーボードのけっこう端まで配置されてるところ。特に頻出する「A」とよく使うバックスペースキーが左右の端にあるため、そのキーを押すのに親指を思い切り引っ込めることが多くなるんだがコレがなかなか辛い。かなり親指が疲れてくる。

そういえば書き忘れてたけれど、このキーボード、特に電源スイッチや電源ボタンといった類のモノはなさそう。一応長時間入力がなければスタンバイになって、スタンバイ時にボタン操作をすると復帰してまた動作・接続・入力できるようなんだけれど…インジケータ的なモノはキー面の青色LEDしかなく、単に点滅するだけ(接続待機時に1秒くらいの感覚で点滅、もしくは何かの機器と接続してるときにたまに点滅する程度)なので、いまいち動作状況がよく分からない。ただしPCとペアリングして1日くらい放置してボタンを押すと結構すぐ復帰して使えるようになる(かつ電池も切れてない)ので、接続させっぱなしで放置してても電源オンオフできないというところに関しては気にすることはなさそう。

一番のネックになるのが、このキーボード自体の出来、というよりはミニキーで両手で抱え込んで打つことによるものなんだが、PCでのタッチタイプみたいに画面に集中できるわけでもなく、画面上でのフリック入力みたいに視線の移動距離が少ないわけでもないため、手元を見て、ちょっと画面を見返して、変換してまた手元を見て…という挙動を文字入力で繰り返さなければいけないのがめんどうだし、正直フリックよりも時間がかかる

これがもっといいキーボード(少なくともIS01相当のキーボード)であればそれほどのストレスは溜まらないかも知れない、と思いつつも、タブレットくらいの大きさの画面ならまだしもスマホならフリック入力の方が速くね?と 思い始めてきた。

で、持ち歩いてるデバイスとの相性がそうでもないので、自室でのゴロ寝時用の入力キーボードとしてPCとペアリングして使ってみたんだけれど…もっとストレスが溜まり、早くも放置状態に。

そろそろ機種変を考えてて、その際にHID対応の機種にしようかとも考えてたんだが、ミニキーでの入力がそれほど効率的ではなさそうで、可能性を広げてくれるか微妙、というのが今回のことでわかってきたんで、別に次のスマホはHID対応でなくてもいいかなぁという気がしてきた。

ちなみに同梱物にあった8cmサイズのCD-ROMというのが…

…どうしても、あっち(中国方面)で普通に売られてたりとかするCD-Rメディアに焼いたようにしか見えないのですが! 何かドライバとかマニュアルとかが入ってそうな気がするんだが、一緒に妙なファイルやウイルスが混入してそうな感じもして恐い…

広告
カテゴリー: グッズレビュー, 運用方法について パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中